6、どんなメイクアップ・ヘアメイクがいいか

 6、どんなメイクアップ・ヘアメイクがいいか

DSC05857-1-2.gif 

メイクアップ・ヘアメイク、これも重要です。

でも、写真家が男性の場合、

女性にヘアメイクの注文はつけにくいものです。

男性は、自分がメイクをやらないので上手く説明できません。

また、女性はメイクにこだわりを持っていることが多く、

下手をすると「顔立ちの欠点を指摘された」と

なりかねません。

モデルと写真家の間に、よほどの上下関係があれば別ですが、

それほどでもない限り、メイクに関しては

男性からは上手く言えないのです。

 

そこで、モデルとしてはヘアスタイルやメイクの専門家と

相談したり、女性誌で勉強したり、など努力してください。

写真撮影におけるメイクの基本は、濃い目の化粧です。

目がパチッとした、鼻筋が通った、彫りが深い感じに

見えたほうが、写真にした場合、美しく写ります。

 

ヘアメイクも服と同様に、事前に「どんな撮影意図なのか」「何を表現したいのか」を確認した方がいいです。

それによって、メイクも変わるからです。

モデルに求められている役割を演じるために、どんなメイクが最適なのか、を意識するだけでもずいぶん違います。

 

ぶっちゃけた話ですが、メイクの上手いモデルは得です。

女性なら、わかりますよね。

化粧は化ける(笑)。

メイクは売れっ子のモデルは別ですが、そうでない場合、ましてや新人の場合、

プロがつくことはありません。

 

それだけに、差が出るのです。

「かわいい系」「美人系」「お水系」「キャリア系」「セクシー系」「お嬢様系」など、いろいろなバリエーションを演じられるよう普段から研究してください。

これ、大事ですよ。
| コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6、どんなメイクアップ・ヘアメイクがいいか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.galateya.biz/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする

名前

電子メール

URL

コメント